JINS MEME Medical Lab Stress & motivation

ウェアラブルデバイスとResearchKitを組み合わせた
世界初の医療研究プロジェクト

JINS MEME Medical Lab Stress & Motivation は Apple の医療研究用のオープンソースのソフトウェアフレームワーク「リサーチキット(ResearchKit)」を使用した産学連携の研究プロジェクトです。 ResearchKit から取得されるアンケートデータと JINS MEME から取得される様々な生体データを掛け合わせることで、私たちの社会を悩ます「ストレス」を可視化し、管理するためのソリューション開発を目指します。ウェアラブルデバイスと ResearchKit を使った世界初の実証実験に、あなたも参加してみませんか?

※本アプリケーションは、研究開発用データ収集を目的としています。JINS MEMEが商用に提供する公式アプリケーションではございません。

Stress & Motivation
ストレスを捉えることで、新たなモチベーションへの入り口が見つかる

ストレス対策、ストレスケア etc …
眼に見えない「ストレス」が私たちの社会に及ぼす経済的損失は、実に1兆円を超えるとも言われており、
ストレスをケアすることは、個人のみならず企業や社会にとっても大きな課題となっています。

ストレスをネガティブなものとして抑制することだけで、
本質的な問題解決につながるのでしょうか?

本プロジェクトでは、ストレスとモチベーションを表裏一体と捉えた視点から、
ストレスを単に「抑える」だけでなく、より創造的な仕事や生き方につながる意欲(モチベーション)
へと変容させて行く新しいストレスケアのあり方を学術的アプローチを通じて模索して行きます。

JINS MEMEが
できること。

JINS MEME が眼電位センサーで、まばたきと視線移動のデータを取得。
アプリのアルゴリズムで解析することで、
集中状態・活力・落ち着きなどを捉え、視覚化することができます。

この実験では、JINS MEMEのデータからストレスとモチベーションの傾向を把握するための検証が行われます。

2つのサーベイで、
「いつも」と「いま」のあなたのストレス状態を測定。

特性データ(いつも)
あなたの平時におけるストレスとモチベーションの状態を、
アプリ内アンケートを通じて測定。
+
状況データ(いま)
感情(喜怒哀楽)の変化により刻一刻と変化する
今のあなたのストレスとモチベーションの状態を、
JINS MEME のデータを通じて測定。

サーベイを通じて見える。
あなたのモチベーションとストレス耐性。

計測データから判定される結果は、スマホ上で即フィードバック。
客観的なデータから、あなたの今のストレス状況を把握することができます。

実験に参加しよう!

JINS MEME をお持ちの方

STEP 01
アプリをダウンロードして実験に参加する。
STEP 02
1日2回(午前・午後)・5日間の計測を行う。

JINS MEME をお持ちでない方

STEP 01
JINS MEME Flagship Store原宿で、1週間限定のJINS MEME ES 無料貸し出しを利用し実験に参加。
(無料レンタルは2016年12月末までを予定しています。)
STEP 02
アプリをダウンロードして実験に参加する。
STEP 03
1日2回(午前・午後)・5日間の計測を行う。
  • ※ 実験後、JINS MEME をご返却していただきます。
  • ※ JINS MEME をお持ちでない方でも、実験の一部に参加する事が可能です。

- JINS MEME Flagship Store 原宿 にて体験コーナー展開中 -

JINS MEME Flagship Store 原宿 の特設体験コーナーにおいても、本アプリを体験いただくことが可能です。
※体験コーナーは、2016年11月上旬頃までの展開を予定しています。

JINS MEME Lab. Stress & Motivation
プロジェクト研究チーム

伊藤 健二 | 研究リーダー
明治学院大学 学長特別補佐(戦略担当)
このアプリを通じて、メガネ(JINS MEME)で簡易に取れる生理データを元に、
ストレスやモチベーションなどの情動が推測できれば、労働市場は元より、
私たちの生活そのものを高いレベルでマネジメントすることに繋がります。

適切なストレスマネジメントを通じて、個人がその目標を最大限に追求できる
状態を実現すること。それは、私たちの社会全体にさらなる成長を促す良質な
インパクトになると期待しています。
美濃 導彦
京都大学 CIO 学術情報メディアセンター 教授
中山 実 
東京工業大学 電気工学科 教授
小川 賀代
日本女子大学 理学部 教授
森本 英樹
森本産業医事務所 医師・医学博士 、社会保険労務士
白澤 秀剛
東海大学 情報教育センター講師(アクティブラーニング教室設計担当等)
平田 謙次
株式会社 エキスパート科学研究所 、 ISO/IEC JTC1 SC36委員長

本アプリを含め、様々な実証を進めます。

注意事項

データ収集
このアプリでは、質問票への回答、iPhoneやApple Watchで取得したヘルスケアのデータ、JINS MEMEで取得したセンサーデータを調査データとして活用します。調査データは株式会社ジェイアイエヌが管理するサーバへ送信され、一部のデータはアプリの画面上に評価として表示します。
データの使用
サーバに蓄積されたデータは、本研究の主旨であるモチベーション、ストレス、感情の相関関係の調査に利用されます。この研究により、「まばたきや姿勢」と「ストレス・モチベーションなどの情動」の相関関係の解明が期待されます。
それにより、日常使いできる眼鏡型デバイスを掛けているだけで、ストレスの過多・過少などを捉え、疾患になる前に未然に対応できる世界を作ることを目標にしています。
プライバシー
このアプリでは、質問票への回答、iPhoneやApple Watchで取得したヘルスケアのデータ、JINS MEMEで取得したセンサーデータを調査データとして活用します。調査データは株式会社ジェイアイエヌが管理するサーバへ送信され、一部のデータはアプリの画面上に評価として表示します。

Share on