JINS MEME Medical LAB. for RUNNERS

JINS MEME Medical LAB. for RUNNERS / スポーツ医学と目指す、怪我ゼロのラン。
JINS MEME Medical LAB. for RUNNERS / スポーツ医学と目指す、怪我ゼロのラン。

すべてのランナーの怪我を減らすための
産学連携の実証プロジェクト。

JINS MEMEを通じてランニング中の走行データを収集し、解析。
産学協同研究を通じてランニング中の怪我を防ぐソリューション開発を目指します。
あなたの参加が、より安全・快適なランニング・シーンへとつながります。

ウェアラブルを使った世界初のセーフティー・ランニングソリューションの開発に
あなたも参加してみませんか?

JINS MEME RUN のデータから読み解く、
ランニング障害の予兆。

本プロジェクトでは、JINS MEME RUNから取得される様々なランニングデータのうち、
特に接地強度データに着目。接地強度とは、左右の足がそれぞれ地面に着地した際のインパクトの強さを表します。
膝や腰の痛みをかばった、バランスの悪い走りの場合、左右の接地強度に大きな差が生じる可能性があります。
医療機関研究者監修の元、本実験を通して仮説検証を行います。

ランニング障害を引き起こす走りの兆候
JINS MEME RUN の着地強度の変化

実験監修:
慶應義塾大学スポーツ医学研究センター准教授 / 橋本健史

JINS MEMEが
できること。

JINS MEME の3軸の加速度センサーと3軸のジャイロセンサーが、
運動による体軸の変化を正確に捉えます。
カラダの動きを可視化することで、あなたのパフォーマンスを次のレベルへと導きます。

JINS MEME RUN について詳しくみる >>

専門クリニックにおける無料診断を通じて、
データと障害発生の相関を検証

本実験では、実験に参加いただいたランナーのデータのうち、
接地強度の値が平常値を大きく超える方を対象に、専門クリニックにおける無料の臨床診断を実施。
JINS MEME RUNのデータとランニング障害発生の相関を検証します。

着地強度が不安定なランナーに
対して臨床診断を実施
JINS MEME RUN のデータと
障害発生の相関を検証

JINS MEME MEDICAL LAB. for RUNNERS
臨床診断・検査協力

小松 秀人 十字堂鍼灸院 院長・中野健康医療専門学校 学校長

小松 秀人

十字堂鍼灸院 院長・中野健康医療専門学校 学校長

パフォーマンスアップやけが予防の観点からフォームに着目したスポーツ診療を行い、プロからアマチュアまで幅広いランナーの挑戦を支える。診療の傍ら、自身もランナーとしてフルマラソン3時間4分の自己ベストを保持。トレーナーとしての知識・経験とランナーとしての実践の双方に裏付けられたランニングへの深い造詣から、雑誌「ランナーズ」などでアドバイザーもつとめる。

十字堂鍼灸院

東京都渋谷区東3-17-11
JR・東京メトロ日比谷線
恵比寿駅下車 徒歩4分

診療時間
午前 : 9時~13時
午後 : 14時~17時(月)
午後 : 14時~19時(火・木)
休日 : 水・金・土の午後、日祝祭日

実証プロジェクトに参加しよう!

ビギナーの方もベテランの方も、是非実験への参加をお待ちしています。

本実験では、JINS MEME 本体(ES / MT)と JINS MEME RUNアプリが必須です。
すべての確認事項にチェックが入った状態で、参加登録フォームへとお進みください。

はじめに この研究については、慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 橋本健史先生の監修により実施される自主臨床研究です。研究に参加されるかどうかは自由意思で決めてください。参加されなくてもあなたが不利益を被ることはありません。 本研究の背景 急速な裾野の広がりはランニング・シーンの発展を促す一方、ランニング知識が乏しいビギナーランナーの増加はランニング障害の発生件数を高めています。多くの人が楽しめる国民スポーツとして、ランニングが日本の社会に根ざして行くには、単にタイムを競うだけでなく、医学の視点に基づいた適切なケアによりランニング中の障害を未然に防ぎ、ランニングを楽しむことのできる環境作りが不可欠です。このような視点のもと、より安全・快適な日本のランニング・シーンの発展を支えるため、慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 橋本健史先生による監修のもと、ランニング障害予防システムづくりを目指した本実験プロジェクト(呼称:JINS MEME MEDICAL LAB. for RUNNERS)をスタートいたします。JINS MEMEを通じたランニングデータの収集や分析を通じて、すべてのランナーの安全に役立つソリューション開発を目指して行きます。 この研究の目的 ランニングの状況および既往歴に関するアンケートにお答えいただいた後にiPhoneもしくはJINS MEME対応 Android端末(https://jins-meme.com/ja/support/devices/)をお持ちの方にはJINS MEMEを装着・携帯していただき、2ヶ月以内を目安として全10回・各3 km以上ランニングを実施いただきます。この際JINS MEMEから取得されるデータのうち接地強度の左右差が5%を超える人々を対象に、専門クリニックにおける臨床診断を実施。データと怪我の発生状況との相関を見ます。 (1)この研究の対象者: A. JINS MEME対応端末の所持および対象年齢:iPhoneもしくはJINS MEME対応Android端末を持っており年齢が20歳以上から65歳までの方を対象とします。 ・JINS MEME をお持ちでない方には、実験参加期間中の無料貸し出し制度がございます。詳しくはJINS MEME MEDICAL LAB. for RUNNERS ウェブサイト(https://jins-meme.com/ja/lab/forrunners/)をご覧ください。 B. 全10回・各3km以上のランニング実施が可能な方 JINS MEME を着用・携帯の上、2ヶ月以内を目安に全10回・各3 km以上のランニングを安全に実施することができる方。 C. 専門クリニックにおける臨床診断への参加 全10回のフォームデータ計測の後、条件が該当する参加者には専門クリニックでの診断を依頼させていただきます。参加者の皆様とのスケジュールを調整の上、東京・恵比寿にある十字堂クリニックにて約1時間の個別診断を実施させていただきます。 ※診療は無料となります。 ※クリニックへの移動にかかる交通費・宿泊費は参加者様の自己負担となります。 <対象外となる方> ・JINS MEME 対応のスマートフォン端末(https://jins-meme.com/ja/support/devices/)をお持ちでない方 ・JINS MEME を着用・携帯の上、2ヶ月以内を目安に全10回・各 3 km以上のランニングを安全に実施することが困難な方 ・事前アンケートに自分でうまく答えることが出来ない方。 ・専門クリニック(東京・恵比寿 )における個別診断に参加することが難しい方。 (2)研究で行う調査方法: JINS MEME Medical Lab. for RUNNERSのウェブサイト(https://jins-meme.com/ja/lab/forrunners/)にて実験参加登録および事前アンケートへの回答を済ませたのち、アプリケーション(JINS MEME RUN)をインストールしていただき、事務局からの実験ガイドラインのメールが到着した日より2ヶ月以内を目安に、JINS MEME を携帯・着用し、全10回・各 3 km以上のランニングを実施ください。その後、JINS MEME RUNのフォームデータから接地強度の左右差が5%以上と判定される参加者を対象に専門クリニックにおける個別臨床診断を実施します。 事前検査および観察項目: 参加されるランナーの皆様には以下の事前アンケート調査および監察を実施し、この研究のデータとして活用します。 <参加者全員共通>  1 ランナーの背景情報(氏名、年齢(生年月日)、性別、住所、電話番号、emailアドレス、身長、体重、靴のサイズ)  2 アンケート調査(整形外科上の既往歴:(骨折・捻挫などの怪我のこと)/ スポーツ歴・ランニング経験(通常のランニング距離、ランニング障害の有無 )  3 ランニング中のフォームデータ(iPhoneおよびAndroidの携帯、JINS MEMEの装着)   <接地強度の左右差が5%以上と判定される方> 4 専門クリニックにおける臨床診断 1) 問診 2) JINS MEME RUNデータの分析とフォーム改善に対するカウンセリング 3) 診察 ① 姿勢アライメント検査 ② 姿勢重心バランス検査 ③ 足底荷重圧検査 ④ 足の診察 ⑤ ランニングフォーム動作分析 ⑥ 徒手検査 ⑦ その他 4) ランニングアセスメント JINS MEME RUNデータ、姿勢アライメント、ランニング動作分析並びに診察結果を基に、フォーム改善に対するカウンセリング、ランニング指導、ランニング障害の改善と予防、ランニングパフォーマンスの向上、練習メニュー&身体バランと補強トレーニングプログラムのマネージメントまで、個々のランナーを臨床診断します。 この研究の予定参加期間 この研究の参加者募集期間は2017年11月30日から2017年1月31日の期間で実施します。 この研究に参加された場合の予定参加期間は、約2ヶ月以内に全10回・各3km以上のランニングを実施いただいた段階で終了します。参加者のうち、JINS MEME RUNアプリの接地強度データの左右差が5%と判断される参加者様に関しては、専門クリニック(東京・恵比寿 十字堂治療院)における約1時間の個別臨床診断に参加いただいた段階での終了となります。 この研究への参加により予想される利益と起こるかもしれない不利益 (1)予想される利益 全参加者共通:本研究に参加することにより、アプリを通じたデータフィードバックを通じて、自身のRUNフォームの課題発見につながる可能性があります。 ・専門クリニックでの個別診断に参加される方:専門クリニックにおける個別臨床診断を通じて、ランニング中の怪我防止につながる改善アドバイスが無料にて提供されます。 (2)起こるかも知れない不利益 事前アンケートへの回答、iPhone、Android端末およびJINS MEMEを着用・携帯しランニングを実施する煩雑さはありますが、危険を伴う特別なランニング条件・制約は伴いません。また、研究を進行していく段階でランニングに伴う疲労を感じることがあるかもしれません。 研究への参加同意・辞退について この研究への参加は参加されるランナーの皆様の自由意志によるものです。研究の参加に同意されない場合でも、不利益を受けることは一切ありません。 研究の参加に同意した後でも、いつでも参加を撤回することができます。また、調査を辞退される場合、アプリケーション(JINS MEME RUN)はアンインストールできます。 研究中に、あなたの健康に被害が生じた場合について この研究は、これまでの報告に基づいて科学的に計画され、慎重に行われます。もしこの研究への参加に起因して健康被害が生じた場合でも医療費やその他の補償はありません。研究期間中はランニング中にiPhoneおよびAndroid端末やJINS MEMEを装着、携帯していただく事になりますが、特別な使用方法では無いため器具に関する問題に関しての責任は持ちません。 この研究に関する情報は、随時ご連絡します 本研究に参加されている期間中、あなたの研究参加の継続の意思に影響を与えるような情報を新たに入手した場合は、直ちにお知らせします。また、この診療法に関して重要な情報が得られた場合は、研究参加の継続に関してもう一度あなたの意思を確認します。 この研究を中止させていただく場合があります 参加の同意をいただいた後でも、次のような場合には参加いただけなかったり、調査を中止したりすることがあります。 1 参加の撤回をされた方 2 本アプリケーションをインストールすることに同意を得られない方 3 ランニング中、iPhone・Androidを携帯することが難しい方 4 その他、研究責任者が被験者として不適当と判断した方 個人情報等の取扱いについて 個人情報が外部に漏れないよう十分に配慮いたします。 この研究に参加された場合、あなたのデータなどが研究中あるいは研究終了後に調査されることがあります ユーザーさんの人権が守られながら、きちんとこの研究が行われているかを確認するために、この臨床研究の関係者(株式会社JIN、慶応義塾大学スポーツ医学総合センター)があなたのデータを見ることがあります。しかし、あなたから得られたデータが、報告書などであなたのデータであると特定されることはありません。 この研究への参加に同意された場合は、次の点を守って下さい できる限り、アプリケーション内の指示に従って一日の運動機能のモニタリングにご協力下さい。制限などに判断に迷うような事がありましたら、事前に研究担当者へお知らせください。 調査を辞退するには ・調査への参加へは自由意志によるものです。 ・調査期間の途中であっても、調査はいつでも辞退できます。実験に使用するアプリ(JINS MEME RUN)はいつでも削除することが可能です。なお、いずれの方法で調査を辞退しても、それまでサーバに送信した調査データは削除されませんのでご注意ください。 あなたの費用負担について <全参加者共通> この研究で使うアプリケーションは、全て無料で提供されます。ただし、アプリケーションをインストールする通信費は参加者の負担になります。 <専門クリニックにおける個別臨床診断に参加される方> ・個別診断は無料で実施されます。 ・個別診断を行う専門クリニックへの交通費・宿泊費はすべて参加者の自己負担となります。

実験プログラムに応募する

プログラム参加に関しての注意事項

※ 実験プロジェクトの一環として診察費用は無料となりますが、以下の費用に関しては被験者様負担となります。
診察機関までの交通費
プロジェクト検証の診断項目を超えた診断内容の依頼
※ 本実験プロジェクトへの参加応募資格を以下の条件に当てはまる方とさせていただきます。
普段日常的にランニングをされる方
実験の条件に同意してもらえる方
臨床診断協力施設に通って診断を受けることができる方
その他、本実験に関するお問い合わせは、以下のお問い合わせアドレスまでメールにてご連絡ください。

Share on