Lab.

身近な気づきで、ビジネスは劇的に変わる。〜 IDEA PITCH CONTEST アイデア紹介

DEVELOPER SHOWCASE 2015.04.07

集中力と効率がモノを言うビジネスにおいて、JINS MEMEを使ったアプリは、様々なシーンで力を発揮しそうだ。「眼電位」を使うことで、今まで不可能だった無意識の疲労度を自覚できるなど、その使い方とポテンシャルはまだまだ計り知れない。

今回は、JINS MEME DEVELOPER IDEA PITCH CONTESTの第1ラウンドにご応募いただいたアイデアの中から、そんなビジネスに役立つオフィスマネジメント系アプリをご紹介します。

Peripatos
あなたが一番集中できる場所、教えます。

自分の集中力をコントロールするのは難しい。だったら、確実に集中できる環境に身を置いてはどうだろうか。

「Peripatos」は、眼電位とGPSを連携させることで、自分がどこにいる時に、どのくらい集中できていたかを、自動的に記録してくれるアプリ。「こないだのカフェ、作業がはかどったけど、場所どこだっけ?」「あのお店、実はこんなに集中できていたんだ」というように、定量データから自分に最適な集中スポットを教えてくれます。

ノマドワーカーや受験生、出張の多いビジネスマンなど。外で集中できる場所を探している人にとっては、かなりうれしいアプリのはず。

応募者プロフィール
oimou(22才、エンジニア)
散歩とJavaScriptが好きです。

Leave ME Alone
チーム内の開発効率を最大限に高める。

一旦中断した作業に戻るには、多くの時間がかかる。そんな調査結果をご存知だろうか?

「Leave ME Alone」は、チーム内のメンバー個々の”集中度”を一元管理してくれるアプリです。チーム全員がJINS MEMEをかけることで、疲れや眠気、気分などから割り出した集中度を測定。集中度が下がったメンバー同士には、「そろそろ昼食の時間です。XXさんと昨日オープンしたパスタ屋はどうですか?」といった休息を促すメッセージが送信されます。

メンバー個々の休息タイミングを最適化することで、チームの開発効率は飛躍的に向上するかもしれない。

応募者プロフィール
ボーノ(ハード & Webエンジニア)
ハードエンジニアとして勤務する傍ら、オフでWeb開発を中心とした活動を行っています。ハード系スタートアップ(株)Vincluがリリースしたコミュニケーションガジェット”AYATORI'の作製にも参画。