SMELL – 嗅覚:“匂い”が集中の質を上げる

Improve your Focus 2017.03.03

集中とリラクゼーション

嗅覚は記憶を司る「海馬」と呼ばれる組織へ直接情報を伝達するため、匂いと記憶の結びつきは五感の中でも特に強いと言われています。また、自律神経や免疫調整を司る「大脳辺縁系」とも連動しているので、脳に「匂い」の適切な刺激を与えることにより、集中の向上やリラグゼーション効果も期待されます。

種類によって様々な味と香りを楽しむことができるコーヒー豆。全日本コーヒー協会の研究によると、コーヒーの香りにはリラグゼーションを高く促す効果や、情報処理能力の向上が期待される効果まであるようです。(下記図参照)

<コーヒーの香りが脳機能に与える効果>

出典:全日本コーヒー協会 香りから生まれる、「癒し」と「集中力」。(http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/health/doctor/health69-2

コーヒーの香りが集中にもたらす効果を、JINS MEMEで確認してみましょう。

やってみよう!

JINS MEME OFFICEを使って下記の方法を試し、集中が向上するか確認してみましょう。

<コーヒーの香りを活用する>

上の表を参考に好みに合わせコーヒーの豆を選んでコーヒーを淹れ、香りを感じながら作業をしてみましょう。

<植物の香りを活用する>

香りのある草木や、生花・ドライフラワーをなどを仕事場において、香りを感じながら作業をしてみましょう。

<お香などの香りを活用する>

お香やデュフューザー、アロマなどを仕事場において、香りを感じながら作業をしてみましょう。