INTRO:まずは「集中」を知る

Improve your Focus 2017.03.03

まずは1日4時間を目標に計る。

米国の心理学者アンダース・エリクソン曰く、人が一日によく集中できる時間は、4時間と言われています。4時間をどの仕事に配分し、深めていくか、が質の高い仕事の入り口です。まずは、1日のオフィスライフの中で、あなたが何時間集中できているのか?実際に計ってみましょう。

JINS MEMEが定義する理想の集中とは?

JINS MEME OFFICEでは、あたま、こころ、からだ、3つの指数から 集中状態を定義しています。 それぞれ100点満点のスコアとしてアプリ上で表現され、平均60点を超えた状態が集中状態として記録されます。また、全集中時間中、80点以上の状態がフロー時間として記録されます。

まずは自分のレベルを知ろう。

3つの集中を高めるポイントを意識ながらも、まずはいつも通りの1日を過ごし、自分がどれくらい集中できているのかを JINS MEME OFFICE で計測して下さい。

やってみよう

まずはオフィスで1日、
JINS MEME OFFICEで計測。

集中を高めるポイント

社内のコミュニケーションには
メリハリをつける

メールやメッセージは
決めた時間内にする

正しい姿勢を意識して
仕事をする

日々の計測と集中力の向上でマインドアスリートを目指せ!

スマホ、メール、メッセンジャー etc、高度な情報化により、現代人の集中力は過去に比べむしろ低下しているという研究があります。

一方で、経営者やクリエイターなど、高いパフォーマンスを発揮している人々は、高い集中により濃密な時間を過ごし、パフォーマンスを発揮しています。

「計る」ことは、「見える」こと。自分の集中の課題を見つけ、改善することで、集中を自在に操り、高いパフォーマンスを発揮する「マインド・アスリート」へと自分を成長させましょう!

あなたの集中レベルは?

いかがでしたか?