HEARING – 聴覚:“音”を利用して集中を高める

Improve your Focus 2017.03.03

人によって異なる集中を促す音

生活している中で私たちを取り巻くたくさんの「音」。大音量の騒音は例外として、会話や音楽などの雑音の存在を不快と感じる人もいれば、どんなに音がある環境でも周囲と自分の空間を切り離して作業に没頭できる人もいます。

このように、「聴覚」の刺激に対する脳の反応は人それぞれ。図書館のような無音に近い環境を選んだり、「ホワイトノイズ」と呼ばれる微量のノイズをうまく活用することで集中に入るための環境を作ることができます。

音(聴覚)と集中のベストなバランスを、JINS MEMEで探してみましょう。

やってみよう!

JINS MEME OFFICEを使って下記の方法を試し、集中が向上するか確認してみましょう。

<BPM=116の音楽を活用する>

一般にBPM=116(一分間に116拍)のリズムを持つ曲が集中を促すと言われています。自分の好きな音楽の中から、BPM=116に近い音楽を聞きながら作業してみましょう。

<ホワイトノイズアプリを活用する>

ホワイトノイズはあらゆる周波数帯の音を含み、周囲の音を特定しにくくさせることで集中につながる効果が期待されます。ホワイトノイズを聞くことができるスマートフォンアプリなどを活用し、ホワイトノイズを聞きながら作業してみましょう。

<ノイズキャンセラーヘッドホンを活用する>

高性能のノイズキャンセラー機能付きヘッドホンを使うと、周囲のノイズと隔絶された無音空間を手に入れることができます。ノイズキャンセラーヘッドホンを使い無音に近い状態で作業してみましょう。